キャッシングは目的別で探そう

キャッシングを利用する方の目的は人それぞれで違います
例えば今すぐにお金を借りたい!という方もいれば、できるだけ利息を支払うことなくお金を借りたいという方もいるでしょうし、またまとまった高額の借入をしたい、という方もいるでしょう。

 

キャッシング比較をする際には、各自の目的に沿った借入先を選ぶことが大切です。

 

キャッシング会社は各社それぞれ独自のサービスを展開するなど特徴が異なります。

 

それを、数あるキャッシング会社のなかから1社1社比較して選ぶのは大変ですが、目的別で絞ればある程度絞られますので比較するのも楽になります。

 

目的別にキャッシング会社を比較し、どういった会社がその目的にあっているのかといった特徴をみてみましょう。

 

審査が早い

キャッシングの審査時間は、各金融機関によって、また各社によって異なります。
一般的に、審査スピードが早いと言われるのが消費者金融です。銀行カードローンは低金利な分、審査が慎重になり時間がかかる傾向にあります。そのため、審査の早いところで選ぶのであれば、消費者金融がおすすめです。

 

数ある消費者金融の中でも審査が早いのが大手の消費者金融です。
大手消費者金融の審査時間は最短30分などと非常にスピーディーで、融資まで最短1時間とも言われています。これは、過去の膨大な利用者データをもとにコンピューターによる審査を行っているためです。審査が自動化されているため、スピーディーな審査が可能となります。

 

では中小の消費者金融の場合は?といいますと、中小の消費者金融でももちろん審査が早いところはありますが、大手のように審査が自動化されていないところも多くありますので、大手よりも時間がかかる可能性があります。そのぶん、大手よりも審査が柔軟な傾向にあるなどメリットもありますが、審査の早さというのであればやはり大手消費者金融が有利です。

 

即日融資が可能

即日融資を利用するにあたってキャッシング会社を比較するなら、以下のポイントに注意して選びましょう。

 

審査が早い
やはり即日融資において重要なのは審査が早いことです。
「即日融資可能」としているキャッシングサービスのなかでも、審査スピードには違いがあるからです。

 

例えば、平均的に申込から3時間前後で審査結果が出るようなところもあれば、即日融資可能にもかかわらず平均的に申込から2営業日前後かかるといったところもあります。もちろん、審査にかかる時間は各個人により違ってくるわけですが、できるだけ審査が早い対応をとるところを選ぶことが即日融資への近道なのは間違いありません。

 

即日融資の対応時間が長い
即日融資可能といっても、何時までなら即日融資は可能なのでしょうか?
当日振込の場合、基本的に、銀行の営業時間の関係から平日15時までに振込をしてもらえなければ翌営業日の振込となってしまいます。つまりこの場合、審査にかかる時間などを逆算しますと平日お昼くらいまでには申込をしておきたい、というわけです。

 

もし振込融資だけでなく、自動契約機での即日カード発行が可能なキャッシング会社でしたら、自動契約機の営業時間は夜までやっているところも多いですので即日融資の対応時間が振込融資だけのところよりも長いことがわかります。また、振込融資でも、提携する銀行に口座をお持ちの場合には24時間振込融資が可能というキャッシング会社もあります。

 

審査が比較的柔軟
現在では即日融資可能なキャッシング会社は数多く、銀行カードローンにも即日融資可能なものは少なくありません。しかし、即日融資を受けるためには審査に通らなくてはなりません。審査が比較的柔軟なキャッシング会社を選ぶことで、より審査をスムーズに通過できます。

 

以上のような点から即日融資でおすすめできるのは、やはり大手の消費者金融です。

 

できるだけ低金利

お金を借りる際に気になるのが利息です。
できれば余計な利息は支払いたくない、そう考えている方は多いのではないでしょうか。低金利でお金を借りたいというのであれば、やはり銀行カードローンがおすすめといえます。

 

キャッシングやカードローンの金利は〇〇%〜〇〇%というような幅をもって表示されることが多いですが、この幅のなかで一番低い利率は銀行カードローンも消費者金融も4%程度とあまり差がないケースが多いです。しかし、金利は借入額によって適用される金利が決まってきます。

 

一番低い利率が適用されるのは、500万円や800万円といったそのキャッシング・カードローンのMAXの借入額のときくらいです。50万円程度の借入であれば、ほとんどのケースでそのキャッシング・カードローンの一番高い利率の適用になると考えておいていいでしょう。

 

大手都市銀行系の銀行カードローンの場合、一番高い金利は14%台のところが多いですが、消費者金融の場合にはほとんどが18%です。そのため、やはり低金利で借りたいのであれば銀行カードローンと言えるでしょう。

 

高額融資が可能

高額融資を希望する場合には、最高限度額で選ぶ前にまず総量規制の範囲を超えるか超えないかという点について考えてみてください。

 

消費者金融などの貸金業者の場合には、総量規制によって借りられる額は個人の年収の3分の1までというように定められています。消費者金融で最高限度額500万円といっても、実際のところは自分の年収の3分の1以上は借りられませんので、これを超えるような借入になるのであれば、銀行カードローンを選んでください。

 

銀行カードローンは総量規制の影響を受けませんし、低金利で高額融資にも向いています。高額な融資の場合には、返済期間もそれなりに長くなってくるケースがほとんどかと思います。利息は返済期間が長くなればなるほど、借入額が大きくなればなるほど、金利が高くなればなるほど高くなっていくものです。借入額が大きく返済期間が長い場合には、少しの金利差でも大きな利息額の差につながります。

 

また実際に高額な融資が可能なのかどうかという点もチェックしておくといいでしょう。最高限度額が高く、金利も低金利で条件のよい銀行カードローンというのは、基本的に審査が厳しいです。口コミの多さをみて、どのくらい多くの方が実際に審査に通って利用できているのか?また初回の借入額から高額融資を受けられている方がどのくらいいるのか?などといったことをチェックしてみるといいかもしれません。

 

無利息期間がある

余計な利息は全く支払わずにお金を借りたい!というのであれば、無利息期間のあるキャッシングもおすすめです。通常、キャッシングでお金を借りた場合には返済時に利息と併せて返済する必要があります。しかし無利息期間のあるキャッシングでしたら、その定められた期間内でしたら利息が発生することなくお金を借りることができます。期間内をすぎてもお金を借りている場合には、通常通りの金利が適用され、利息が発生します。

 

無利息期間は初回借入時の翌日から30日間など、期間の適用になる期日や期間がキャッシング会社によって異なります。

 

例えば大手消費者金融の無利息期間はアコム、プロミスともに30日間ですが、アコムは契約日の翌日から、プロミスは初回出金日の翌日から30日間というようになっています。すぐに利用するというのであればどちらを選んでも違いがありませんが、もし契約して数日後に出金するというのであれば、プロミスを選んだほうがお得といえます。

 

銀行カードローンでも最近では無利息期間をキャンペーンで提供していることがあります。キャンペーンの場合、そのタイミングでなければ利用できないわけですが、もしもタイミングが合えば無利息期間が終わってもさらに低金利な銀行カードローンが利用出来るのでおすすめです。

 

また、無利息期間があるといっても長期の借入になってきますと、消費者金融よりも低金利な銀行カードローンの方が利息が少なくなってきます。また、今回に限らず今後も頻繁に利用する前提で借りるという場合にもやはり低金利な銀行カードローンで契約しているほうが長い目でみてお得かもしれません。

 

利用の際には自分の場合無利息期間を利用してお得になるのかどうか?というところも計算し比較してみるといいでしょう。